排卵痛は

一般的な女房の生理の頻度は28日光と言われています。
そうして、28日光のループの中にも月の物期、卵胞期、排卵期、黄体期という4つの期間があります。
こういう間、排卵期は、月の物から13日光から15日光ほど経ってからやって来ます。
排卵期は、卵胞ホルモンの分泌かさが最も盛んになります。
そうして、黄体化ホルモンが急激に分泌される結果、卵胞から卵子が飛びだします。
この時期に、下腹部が張ったり、痛みを感じるといった疾患が起こることがあります。
このように、排卵期に生じる下腹部の苦痛を排卵痛と呼びます。
排卵痛の疾患のスケールには個人差がありますが、人によっては出血を伴うこともあります。
排卵痛の主な原因は以下のことが考えられます。
排卵した後の卵胞は、黄体として卵巣に残り、卵巣がむくみたようになります。
すると、それが原因として、下腹部が張ったり、痛くなったりやる疾患が起こります。
また、黄体化ホルモンが急激に分泌されると、便秘になりやすく、おなかが掛けるように感じる方もある。
そうしたら、排卵期に卵子が卵胞から飛び出す機会、卵巣へ心労が与えられます。
それによって、卵巣から多量に出血すると、下腹部の苦痛やハリを引き起すことがあります。
また、卵子が飛び出すまま排卵痛を感じる方もある。
以上のように、排卵痛が起こる原因はいくつか考えられますが、身辺に影響が出るほど苦痛がひどい場合は、母親科を受診するようにしましょう。

▲ページトップに戻る