排卵痛と生理痛の違い

排卵痛と生理痛は非常によく似ています。基本体温を測っていなかったり、月の物お天道様の計測をつけていないなら、何が原因で苦痛が生じているのかわからないかもしれません。まずは排卵痛と生理痛の違いはどこにあるのでしょうか。生理痛は、子宮内方膜がはがれる際に腹部の苦痛を感じます。子宮内方膜を放出しようとして、子宮が収縮し苦痛を引き起こします。こちらにはいらっしゃるホルモンが過剰に分泌される結果起き、激痛になることも少なくありません。一方排卵痛は卵子が排出される際に粘膜を刺激する結果引き起こされます。月の物ワンデイ目から数えて、約二ウィーク後に起こります。排卵痛には少量に出血が伴うこともあります。個人差がありますが、排卵痛は生理痛に関して小気味よいことも特徴です。またとも腰痛や頭痛を伴うこともあります。では痛い苦痛にはどのように作戦すればよいのでしょうか。下半身を冷やさないように心がけます。ボディを暖める食物を摂り、小気味よいストレッチングなどで血行を良くするように気をつけましょう。月の物や排卵の前は、白々しい水物や糧物は遠ざけるように行う。仮に鎮痛剤を服用する際は、決められた量を苦痛が激しくなる前に呑む結果、苦痛を短く削ることができます。

▲ページトップに戻る