毎月訪れる辛〜いPMS!その動機といった現象を鎮静させるための5つのメソッド

生理前に苛苛したり実態が悪くなるなど乱雑を感じることがあり、これらの具合はPMSと言います。
PMSは、カラダという精神的な具合があります。カラダには胸の張りや痛み、腹痛や腰痛、眠気、食欲が増すなどで、精神的には苛苛やメランコリーイメージなどです。
PMSの原因は、月の物リズムによって起こる結果、ホルモンという脳一環物体の仕込みに関係してある。排卵が終わってから月の物が始まるまでの約2ウィークにプロゲステロンという女ホルモンがかかるためPMSが起きます。またセロトニンの下降が精神的な抑止ができなくなり、精神的に不安定な状態になるのです。
PMSを解離させるためには、具合が出やすい生理前の2ウィークの間はフラストレーションを溜めずにやり過ごすことが大切で、小気味よいエクササイズやストレッチング、常々入浴する、ハーブティを飲み込む、陽光を浴びる、サプリメントを摂取するテクなどがあります。
小気味よい運動をすることは血流が良くなり、頭痛や腹痛などの体の乱雑が緩和されます。また、入浴も38?40ごと程度のぬるめのお湯に次第に浸かるため、体の疲れが取れるだけではなく、感激できます。入浴剤などを押し込めると一色も息抜きできます。陽光を浴びることは快感を感じるセロトニンが高まることに係わり、精神的に安らぎ、ジリジリも少なくなることが期待できます。

▲ページトップに戻る