PMS節約に効果のある市販のサプリは?

PMSに悩む女子のためのサプリメントには、販売で購入できる物もあります。ドラッグストアなどで気軽に購入できるPMSのサプリメントをいくつか紹介します。
ゼリア新薬の『プレフェミン』は、全国初のPMS仕様医薬品だ。こちらはサプリメントではなく医薬品というサイドにつき、その点は維持の際に注意が必要です。但し、一気に辛い問題を緩和したい場合いつでも販売で手にすることができるので、非常に便利です。プレフェミンは、ママ科チック症状に効果のあるチェストベリーという欧米ハーブを組み合わせしています。女子ホルモンに呼びかけ、ヒステリックな状態や苛苛、頭痛、牛乳の弾性などの特有の問題を緩和します。
小林製薬の『大事のママホワイト』は、漢方医学の観点から見たPMSの原因である血や意思、水の流れに呼びかける、11ランクの生薬を組み合わせしています。もう一度、ママ科チック症状に効果のある生薬を組み合わせし、ホルモンばらまきの失調によるジリジリやだるさなどの問題を改善する効き目が得られます。
また、鳥獣性の胎盤から抽出される「プラセンタ」のサプリメントも販売で売られています。主に肌荒れを改善する効き目を謳っているものが多いですが、プラセンタには女子のホルモンの失調を安定させる働きがある結果、PMSに対してもアリと言えます。

▲ページトップに戻る